メインコンテンツ領域に移動する
Mobile Menu Button
附近の温泉業者
興味があるかも
優待情報
温泉特典
優良温泉業者
タイプの選択

温泉エリアの紹介

歷史文化

広大な岡地でしられる関仔嶺は、丘陵と山峰に囲まれています。一帯は緑溢れる風景が広がり、内湾村の白水渓流が温泉谷に流れ込み、地熱の作用によって水温が上昇するという関仔嶺特有の現象によって生まれた温泉資源です。この土地に伝わる神話では、古代の妖怪であった火龍と水虎の間で確執が絶えず、勝負を争った戦いのち両者共倒れとなり、「火龍化為火、水虎化為泉(火龍は火に変わり、水虎は泉に変わった)」となってその終焉を迎えたと言い伝えられています。そしてそれが今日にみられる「水火同源」と呼ばれる水と炎が同じところから湧き出ている異観となったと言われています。

特色紹介

関仔嶺温泉は、北投、陽明山、四重渓流温泉と並び台湾4大温泉として知られています。全台湾唯一の「泥温泉」で、泉質はアルカリ性炭酸温泉に属します。源泉の水温は約75℃で、硫黄分を含み滑らかな感触があります。入浴後は全身が心地よくリラックスできます。なお飲用はできません。 「水火同源」または「水火洞」と呼ばれる水と炎が同じところから湧き出ている異観は、台湾七景と台南県八景のひとつとして知られ、台南県の観光窓口として大変有名なスポットとなっています。「水火同源」は碧雲寺東南の1キロメートル地点にあります。水と火は本来交じり合わないものですが、この土地の地質構造は特殊で、岩壁から天然ガスが吹き出しては燃え、同時に泉水が湧き出ている「水中に火あり、火中に水あり」の不可思議な景観を形成しています。

泉質

泥漿温泉
アルカリ性炭酸水素ナトリウム泉

交通手段の情報

公共機関ご利用の場合

新営旅客バス黄12、黄13 /嘉義旅客7214でアクセスできます。

関子嶺故宮南院線

嘉義高速鉄道 > 故宮南院 > 嘉義高速鉄道 > 南靖駅 > 後壁駅 > 白河転運駅> 白河水庫 > 宝泉橋 > 関子嶺

優待情報

トップ