メインコンテンツ領域に移動する
Mobile Menu Button
附近の温泉業者
興味があるかも
優待情報
温泉特典
優良温泉業者

礁渓協天廟

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる

またの名を「関帝廟」といいます。駅前の中山路を南におよそ1キロ進んだところにあり、清代嘉慶9年、1804年に建てられました。三国志の英雄・関羽を祭った台湾最大でもっとも重要な「関帝廟」として知られています。

旧暦の1月13日と6月24日の春秋各一回、協天廟として一年でもっとも大切な祭典が挙行されます。各地に分霊していた関羽の神様が次々に里帰りし、廟内はいつにもまして活況を呈します。祭りのメインイベントは、「三献礼」と地元の児童が演じる三国志に題材をとった剣舞です。さらに春季祭典には「乞亀」の行事がおこなわれ、多数の信者や老若男女が集って空前の賑わいとなります。

関連情報

:::

最近の閲覧

トップ