メインコンテンツ領域に移動する
Mobile Menu Button
附近の温泉業者
興味があるかも
優待情報
温泉特典
優良温泉業者

国立故宮博物院南部院区(故宮南院)

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる

故宮南院は嘉義県太保市に位置し、高鉄嘉義駅に隣接しています。博物館のメイン建築のほか、敷地内の中央には人工湖が設けられています。この人工湖の南端には景観ブリッジが跨っており、参観者はこれを通って博物館二階のエントランスホールへ進むことができます。

博物館の建物は中国の水墨画の「濃い墨」と「飛白(かすれた線)」、「ぼかし」といった三種の技法を用い、展示空間と文物収蔵庫、公共エントランスホール、連結スペースからなります。中華、インド、ペルシアの三つの文明が織りなす悠久で多元的なアジア文明が象徴されています。建物全体は二つの流線形の物体から構成されており、「龍」と「象」、「馬」という文化的な象徴が隠れて表現されています。景観ブリッジはメイン建築のデザインに呼応させるため、その動きに合わせて繋げられています。景観ブリッジの構造スタイルとデザインには書道の草書スタイルが採用されており、リズミカルで勢いに富み、入館者たちをメイン建築へと引き寄せます。同時に、入館者にユニークで快適な歩行体験を提供しています。

関連情報

:::

最近の閲覧

トップ